ハートわしづかみスノボ旅行
2021年12月13日

飛行機に乗る時にスノボを持ち込むには

飛行機に乗る時にスノボを預けるには各飛行機会社によって色々と条件が異なるようです。このため、何も調べないでスノボを空港で預けようとすると場合によってはスノボを預かってもらえない場合があります。最悪このようなことにならないように事前に調べておく必要があります。では実際に各飛行機会社でどのような条件になっているのでしょうか。

一般の飛行機会社とLCCでは何か違いがあるのでしょうか。まず一般飛行機会社の場合ですが、ANA、JAL、AIRDO、スカイマークについては事前連絡は必要ありません。このため、通常の荷物同様の手続きで特に問題ありません。ただし、1つの重さの上限が32キロとなっています。

スターフライヤーとSolaseedAirについては、航空券を予約できたら預けてほしいことを事前に連絡する必要があります。次はLCCの場合についてです。まずジェットスターについてですが、事前連絡は必要ありません。ただし国内線で預けられるのは長さの上限が1.9メートルのものまでです。

このため、大きいサイズのものは預かってもらえない場合があるので、事前にサイズを測っておくようにしてください。次はピーチ・アビエーションについてですが、コールセンターへの事前予約が必要となります。ただし、インターネットで航空券を予約した方は基本的に預けることができないので気を付けてください。なお長さの上限は203センチメートル、重さの上限は20キロとなっています。

このいずれかをオーバーすると預けることができません。スキーツアーのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です