シール・ステッカーの素材と種類

シール・ステッカーのステッカーは4つの層から構成されていて、表面加工層・ステッカー素材・粘着剤・台紙の順番です。表面加工層はステッカーを保護する役割があり、素材と台紙は粘着剤の粘着力で簡易的に接着されてます。素材はシール・ステッカーのデザイン・機能性に関連するのでビジネス用途で作成するときは、どの素材を選ぶかが重要です。シール・ステッカーの素材で多いのは紙・フィルムで、上質紙は安価で表面がざらついていて筆記性に優れていて鉛筆・ボールペン・油性ペンなど様々な筆記具が使えます。

身の回りでもよく使われていてオフィスで使うコピー紙やメモ紙、値札・荷札などの単色の印刷でも使用されてます。アート紙は目止め処理されていて上質紙と比べて表面へツヤがあり、単色印刷・カラー印刷・写真印刷も出来ます。表面加工したアート紙は緻密な印刷表現が期待される印刷物でよく使い、雑誌・ポスター・カレンダー・書籍などで使われてます。ミラーコート紙はアート紙に鏡面加工を施したもので、周囲のものが映り込むほど表面が滑らかで印刷の仕上がりが良くても安価です。

用途は商品ラベル・バーコード・POP、はがきのダイレクトメール・雑誌の表紙などがあります。和紙は紙の風合いが感じられる素材で上質さ・自然さを演出したい時に向いていて、和紙のステッカーだと競合商品と差別化も出来ます。種類が豊富なのも特徴で繊維の凹凸が楽しめる、シワが特徴的なクレープ素材が使われたりして贈答品・高級品・和風小物などが見られます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする