シール・ステッカーの用途とは

シール・ステッカーは広義で考えると同じようなものですが、詳しく語るとシール・ステッカーの用途や使える場面は少し変わってきます。まずシールと聞いて多くの方が想像するのは、雑誌に付録として付いているシールやお菓子のおまけ、企業のノベルティや宣伝などでもらう、小ぶりのものをイメージされる方が多いはずです。そしてそのイメージ通りに、シールは個人的に楽しむものが多く、人によってはお気に入りのシールをノートに貼って集めたという方もいらっしゃるはずです。素材としては表面にコートがされておらず、濡れるとはがれてしまうものや表面が加工されていて、少し濡れても剥がれることのないもの、プラスチックタイプのものなどが存在します。

ほかにはコルクタイプのシールもあります。ステッカーはどのようなものかというと、大振りで、屋外で使われるタイプが多いのです。屋外で使用されるステッカーは水濡れや陽射しに強いように耐候性のあるアルミやマグネット素材などもあります。個人で使用されるものとしては車に貼るマグネットタイプのステッカーがよくありますが、それもシールに比べるとやはり大振りです。

シールに対してステッカーは「目印」などのように、見やすいように大きく作られていることが多いのです。以上がシール・ステッカーの大きな違いですが、どちらの個人で購入したり製作することは可能です。特にシールであれば100円ショップや文房具店で無地タイプを購入してイラストを描くことも可能です。シール・ステッカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする