シール・ステッカーの活用

シールという言葉の本来の意味というのは、文書の真性を証明するという印鑑類ということを表していると言われていますが、元々は西洋の方で手紙を出すときの封筒を閉じる時に、蝋を垂らして蓋をして刻印を押すことをシールと呼んでいたことからです。しかし現代では、シール・ステッカーという言葉の意味も以前とは違うものになってきていて、アメリカなどでは糊付きの紙片を表す言葉で使用されることが主になっていて、特に日本でもシール・ステッカーなどはアメリカと同じようなものを表すように変化してきました。このシール・ステッカーの中でもステッカーの方は、どちらかというと丈夫な素材でできているものが多く、表面の加工も紙ではなくある程度の耐候性があったり、耐水性があるような加工のものも多くなっています。実際に使用する時でも、長期間に貼れるようなもののことをステッカーと呼んでいる場合が多くなっていて、種類なども様々でキャラクターのものや基本的に飽きの来ないデザインのものなどが人気となっています。

商品などを知ってもらうために、企業がノベルティグッズとしてシール・ステッカーなどを広告としての使用する活用の仕方などもあります。活用方法は、たくさんありますが何よりも大切なポイントは、見る人にとって不快にならないデザインであることや、従来のフォントだけでなくオリジナルの文字を活用したものなどを、センス良く使用するということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする