車体を傷つけないシール・ステッカーの除去方法

せっかく新車を購入したけれど、車のガラス部分に様々なステッカーが貼られていると、見た目が悪くてかっこ悪いと感じる方は多いようです。しかしこういったステッカーは貼られてから時間が経っている事が多いので、無理に自分で剥がそうとすると粘着面がガラスに残ってしまい、ベタベタとした見た目が悪い状態になってしまう可能性も高くなります。そこで跡を残さずに綺麗にシール・ステッカーを剥がす方法を知っておくと安心です。シール・ステッカーの剥がし方は大きく分けて3つありますが、とりあえず時間がかからずすぐに綺麗に剥がしたいという方には「スクレイパー」の利用をおすすめします。

スクレイパーはへら状になっているステッカー剥がしの道具であり、先端部分が薄い刃になっているので初心者でも簡単にシール・ステッカーを剥がすことができる便利な道具です。使用方法は非常に簡単で、除去したいシール・ステッカーをスクレイパーでこそげ取るだけで、隅部分から少しずつ行っていくことで作業が行いやすくなります。ただし刃を使う道具なので、無理にガリガリ行うと傷が付いてしまうので、塗装やガラスに傷がつかないように丁寧に行うようにしましょう。他にはドライヤーで温めてシール・ステッカーの接着剤を温め、ゆっくりと剥がす方法と、カー用品店などに販売されているステッカー剥がしを購入して使用する方法もあります。

この2つの方法はスクレイパーよりも車のボディに傷を付ける心配がありませんが、綺麗に剥がすために時間がかかる方法なので、時間のある時に丁寧に行うことを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする