缶バッジを利用して消費者にアピールするには

缶バッジは製作費が安く軽くて配りやすいため、販売促進を目的とするノベルティグッズに利用されています。世界で最も早くバッジを使った販売促進が行われたのは、1898年のアメリカです。当時人気だったキャラクターをデザインに採用した缶バッジは高い宣伝効果を発揮し、売上の増加に貢献しています。バッジなどノベルティグッズを使った販売促進の重要性は、現代でも変わっていません。

多くの企業が人気のアニメキャラクターなどを採用し、缶バッジを販売促進に活用しています。ノベルティは企業が商品名やサービス名などを記載して多くの消費者に配るグッズのことで、商品やサービスを購入した消費者だけ対象にするプレミアムとは異なります。いずれも販売促進を目的としていますが、前者は無料で配布されるのに対して後者は特典として与えられます。プレミアムもノベルティと同様に販売を促進するため重要な存在であり、バッジが利用されることもあります。

ノベルティはまだ商品やサービスを認知していない消費者にアピールすることを目的としており、プレミアムは既に認知している消費者の購買意欲を高めることを目的とします。いずれの場合でも消費者に対して効果的にアピールするためには、個性的なデザインが重要になります。グッズが無料で配られるとしても、デザインに魅力がなければ消費者に喜ばれません。消費者が喜んで利用するデザインのグッズを作れば、より高い効果を期待できます。

インターネット上には缶バッジの製作を請け負う様々な専門店が存在します。消費者に効果的にアピールできるバッジが欲しいのであれば、ノベルティやプレミアムの豊富な製作実績があるお店に相談するとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする