ハンドメイドで缶バッジを作る方法

普段応援しているアイドルのオリジナル缶バッジを作りたいという場合や、ペットや子供の写真データを利用して可愛い缶バッジを作りたいという場合、オリジナルグッズを制作してくれる専門業者に依頼するのは大量に作る必要がないので、かえってコストが高くなってしまうと感じる方も少なくありません。少量のオリジナル缶バッジを作成したいと考えているならば、自宅でハンドメイドで作成をするという方法が人気です。最近では初心者でも手軽に作成することができる、専用キットが販売されているので、材料なども全て用意されておりすぐに作り始めることができる用になっています。基本的な作り方は、バッジのサイズを考えてプリントした写真データを、丸く切った状態で表面にOPPテープを貼り付け、両面テープで缶バッジキットに貼り付けます。

後は余った部分を丁寧に裏側に押し込んで安全ピン部分のパーツをボンドで貼り付けるだけで完成です。画像データを用紙にプリントしたものを使用すると、仕上がりにシワが若干出てしまう可能性が高いので、仕上がりを美しくしたい場合にはインクジェットプリンタ用のフィルムラベルにプリントすることをおすすめします。発色も美しく何より曲面に合わせて伸びる仕様なので、シワができにくくピッタリ貼ることが出来ます。一度に同じ絵柄のバッジを作成したいという場合には、缶バッジの形に綺麗にカッティングすることが可能な専用カッターを用意することで、一つずつハサミで切る手間がなくなりますし、手軽に作ることが出来て便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする