据え置きタイプの浄水器のメリット

家庭用浄水器は現在様々なタイプが販売されており、特にポット型やビルドイン型などを利用しているご家庭は多いです。

ただ浄水器を導入する以上、浄水性能が高いタイプを利用したいと考える方は多く、据え置き型が注目されています。据え置き型が人気の理由としてビルトイン型と比較して手軽に設置することが出来ることや、大掛かりな設置工事を行わずに利用できる点が支持されています。浄水器というと蛇口に取り付けるタイプが主流とされていますが、浄水性能に限度があったり使える期間が限られてしまうデメリットがありました。

しかし据え置き型ならスタンダードなサイズで幅20cm×高さ30cm×奥行10cm程度と比較的コンパクトであり、取り付けも取扱説明書を見ながら自分で設置することが出来るので、高齢者の方や女性でも問題なく自宅に取り入れることが出来ます。据え置き型は工事費用なども一切かからないので、コストも2~8万円に抑えることができる点もリーズナブルだと人気が高くなっているのです。

一番のメリットはろ過能力の高さで、ビルトインタイプと同等の高性能フィルターが本体に内蔵されているため、水道水に混じっている不純物をきちんと除去して綺麗な水を利用することが出来ます。サイズが大きいのでろ過流量も多く、飲料水だけではなく料理や炊飯など幅広い用途で活用することができることから、据え置きタイプの浄水器は多くのご家庭で導入されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *