据え置き型の浄水器は優れている

浄水器にはいくつかの設置方式があります。

据え置き型やビルドイン型、そして蛇口直結型の3つがメジャーな設置方式となっています。この3つから選ぶと良いのですが、どれも長所と短所があるので、それを覚えた上で選んだ方が無難でしょう。その中でも据え置き型は優れています。その理由はコストパフォーマンスが優れているからです。値段は3万円からとそれなりな事に対して、浄水性能が平均的に高いのです。高い浄水性能が欲しいけど、値段はそれなりな物がいいという人にとっては、据え置き型の浄水器はおすすめだと言えます。

また、カートリッジの寿命も約1年(商品によります)と長いので、長期間同じカートリッジを使い続ける事が可能です。蛇口直結型の短所として『カートリッジの寿命が3ヶ月』という部分があります。これではすぐに交換しなければいけませんので、お金も手間もかかってしまうのです。据え置き型の浄水器はカートリッジの寿命が長いので、すぐに交換しなければいけないという場面はありません。

短所があるとするならば、設置する際にスペースを取ってしまう事です。据え置き型浄水器はタンクのような本体をシンクの上に置いて、そこから蛇口に取り付けられたアダプターに繋ぐので、どうしても設置する際に場所が必要になります。つまり、シンクが狭いと設置をするのが厳しくなるため、購入前にはしっかりとシンクの広さと浄水器本体の大きさを確認しておかなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *