据え置き型浄水器で用いられるフィルターの種類

据え置き型浄水器から生成される水の質は、取り付けるフィルターの種類によって変わってきます。

フィルターにはたくさんのタイプがあるので、据え置き型浄水器を導入する際には用途や目的に合うフィルターも一緒に導入しましょう。代表的な据え置き型浄水器のフィルターについて挙げると、今日特に多くの製品で用いられるのは活性炭です。炭には無数の小さな穴があいており、ここに水を通せば不純物が穴に入って出られなくなります。

これが活性炭がフィルターとして利用できる理由で、実際に浄水装置に導入することで有機物と臭いを除去することができます。ただし、時間とともに不純物の吸着力が落ちるため、交換が必要なタイミングになったときにきちんと新しいフィルターに変えなければ、かえって水が汚くなってしまいます。活性炭以外では、ろ過膜や逆浸透膜がよく用いられます。

ろ過膜は活性炭よりももっと小さい穴が無数にあいており、細菌や微生物、鉄さびなどとはじ始めする粒子状の不純物を取り除くのに適していますが、活性炭と同様に時間が経過すると穴が詰まっていて除去能力が落ちていくため交換のタイミングはきちんと守る必要があります。逆浸透膜にはろ過膜よりも優れた除去能力がありますが、水のおいしさのもとになっているミネラル成分も一緒に除去してしまうデメリットが存在するので、おいしい水を飲みたくて据え置き型の浄水器を導入しようとしている場合には注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *