良い浄水器の選び方について

水道水の不純物をフィルターにより取り除くことができる浄水器は日本で1950年頃に発売され、それから徐々に普及され現在は利用する家庭が多くなっています。

浄水器を購入して家庭で使いたいと思った時、たくさんの種類があるのでどれを選べばいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。選び方のコツは自分の条件に合うものを探すことです。手軽に取り付けられるのは蛇口直結型と呼ばれているもので、直接蛇口に取り付けが可能なので工事が不要で自分で取り付けることができ、購入してすぐに使えるのがメリットです。

ただカートリッジが必要になり交換しなければならないサイクルが早いという点があります。そのほか本格的なものを使いたい方には据え置き型がおすすめで、性能が高くカートリッジの交換も一年に一回から二回で済みますが使い始めに費用がややかかります。それ以外にはポット型やビルトイン型がありますが、浄水器には様々な種類があると共にそれぞれ特徴やメリット、デメリットがあるので良い選び方としては購入をする前に費用を抑えたいとか浄水性能が高いものが良いなど自分や家族がいる場合は家族の要望もまとめておき、それから購入をされると良いでしょう。

そのほか選び方で良いとされるのが家電量販店などに実際に見に行き、店員に説明を受けたり浄水器を販売しているメーカーのホームページを確認し、掲載されている浄水器について調べることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *