浄水器の選び方はどんなところを見るか

日常生活の中でもっと綺麗な水を使いたいと思ったときに、浄水器を導入しようと検討し始めることになりますが、種類もかなり豊富に出てきているのでとても迷ってしまうものです。

選び方と言っても一口には表現しきれない部分がありますので、じっくりと一つずつ項目をチェックしていきましょう。浄水器はそもそもが水道水をフィルターに通して不純物や有害物質を取り除いていきます。性能的な部分としてはフィルターはどんな種類を使い、どれぐらいの勢いで通していくのかを考えることになります。選び方のときにそこまで見ていくことはないのが殆どですが、覚えておいて損はありません。

蛇口を捻ると水が流れていきますが、浄水器をつけた状態で一定時間にどれぐらいの水を通すのかということをろ過流量といいます。同じ時間で水を流すのであれば、水の量は少ない方がろ過に時間をかけているので浄水能力は高いと言え、勢いよく流して水がたくさん流れていくのなら、不純物が除去しきれないままに水が流れていってしまうというのは想像しやすいのではないでしょうか。

最近はろ過するときのろ材も種類が増えてきていますから、選び方にもより一層時間がかかりますが、長く効果的に使っていくのであれば吟味しないわけにはいきません。手軽さを重視してもいいですし、予算から選ぶという方法もありますが、浄水能力という点にも目を向けて総合的に使いやすいものを選んで、毎日の水の質を向上させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *