浄水器の選び方で悩んでいるなら種類を知ることが大切

浄水器と一言でいっても様々な種類があり、選び方としてはニーズに合わせて選ぶ方法をおすすめします。

まず、浄水器の選び方として取り付けが簡単な蛇口直結型のタイプがあります。こちらは自分で蛇口に取り付けることができるので、数ある中でも比較的簡単です。大がかりな工事をする必要もなく、コンパクトで邪魔にならないため一般的には蛇口直結型を選ぶ人が多いです。しかし、カートリッジの交換時期が2ヶ月から4ヶ月程度と短いため定期的に交換するのがめんどくさいと感じられる方や性能の高さを求める方にはおすすめできません。

浄水器の選び方で機能性を重視する場合は、キッチンのシンクの上に設置する据え置き型が適しています。ろ過された水を使うタイプで水をきれいにするだけでなく、アルカリイオン水にすることもできます。また、蛇口直結型と比べるとカートリッジの寿命が長く半年から1年程度持つためコストを安く抑えることができます。

ただし、据え置き型は取り付けることができる蛇口の形が限られているので、事前にしっかりと形状を確認しておく必要があります。さらに、ポットにカートリッジを取り付けてそのまま水道水に注ぐだけできれいな水になるポット型浄水器もあります。こちらは、他のタイプに比べると扱いが簡単でデザインが豊富なため自分の好みに合うものを選ぶことができます。扱いは簡単な一方で浄水性能は高くないので、性能を求める方には適していません。このように浄水器を選ぶ際は、それぞれの種類の特徴を理解することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *