浄水器も品質表示を見ながらの選び方

数ある浄水器の中からベストなものを選びたいと思ってカタログを見ていても、想像以上にいろんなメーカーが品物を取り扱っているので決めきれないこともあります。

選び方もいろんな点から見て総合的に決めたいですが、品質表示にも少し目を向けてみましょう。品質表示が義務付けられているので、製品には細かく決められた項目が記載されます。材料の種類やろ材の種類、ろ過流量、使用可能な最小動水圧や浄水能力、ろ材の取替え時期の目安に使用上の注意です。そして、機材を使用した結果どんな物質が除去できるのかも記載がありますので、確認のため見ておくようにしましょう。

対象の物質が80%以上ろ過できる場合には一律で除去80%表記になっています。浄水器の選び方で、値段をチェックしたり、どんな大きさで工事の有無を確認することは合っても、細かく内容を見ていくことはあまりないものです。普段から元気で体調は良いという方ならそれほど問題はありませんが、アレルギー等が気になって浄水器の設置を検討しているのであれば、品質表示も見て吟味することも大切です。

難しい単語なども出てくるので、選び方で悩んだときには比較のためにも見ておくと良いでしょう。これから使う機器がどんな働きをしてくれるのか、単に綺麗にしてくれるというだけではない部分も知っておくと、使う機器にも愛着が湧きます。値段や機能のバランスが取れた機器を選べるよう、慌てずに検討しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *