満足できる浄水器を設置するには選び方が重要

臭いや有害物質などが気になりそのまま飲むのに抵抗のある水道水を家庭で使うには、水をきれいで安全にできる浄水器が欠かせません。

ただ浄水器には様々な種類があるため、満足できるものを導入するには選び方が重要になります。浄水器の種類としては、手軽なものからポット型、蛇口直結型、据え置き型、ビルトイン型があります。まず選び方として考えておきたいのが、設置場所や設置スペースです。ビルトイン型は本体をシンクの下に設置する必要があり、据え置き型はシンクの周辺に設置することが必要です。

これらはフィルターが大きくて浄水性能が高くメンテナンスの手間も少なくて済むというメリットがありますが、スペースが無い場合は設置が難しくなります。特にビルトイン型は取り付け工事が必要なので、戸建てで性能が高い浄水器が欲しいという場合には向いていますが、賃貸ではハードルが高いと言えます。また、使い勝手も浄水器の選び方のポイントです。

蛇口直結型は蛇口に取り付けて使うタイプで、キッチンが小さい賃貸でもスペースを取らず簡単に利用できます。ただ、カートリッジの交換が数か月に一回必要なのでメンテナンスの手間は多くなり、ランニングコストもかかります。ポット型はポットに入れた水をカートリッジでろ過できるもので、設置作業が必要なく簡単に美味しい飲み水を確保できますが、ろ過できる水の量が限られているので料理にも使いたい場合には少々不便です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *