お風呂にも浄水器のお勧め

飲み水や調理用の浄水を作る浄水器は色々な種類が販売されていて、普及も拡大されていますが、お風呂の水にも浄水を使うと健康や美容の維持に役に立ちます。

水道水の塩素というと、飲み水を意識する人が多いと思いますが、お風呂のお湯の方が塩素の影響は大きいと言われています。水道水に含まれる塩素やサビなどは熱せられてお湯になると発がん性物質・トリハロメタンとなって増加することが理由の一つです。水道水に含まれる塩素にはたんぱく質を酸化させる働きがあり、アトピーや肌荒れを起こしたり、髪のキューティクルを酸化させてしまう事もあります。

入浴1回で受けるダメージは微々たるものですが、毎日使うと考えると敏感肌の人や赤ちゃんにはお風呂のお湯にも浄水を使う事をお勧めします。お風呂用の浄水器にはシャワーヘッド型と据え置き型があります。シャワーヘッド型は蛇口に取付ける飲み水用と同じ様な方式で、基本的に自分でシャワーヘッドを交換して使える物が多くなっています。ただ、一部水栓に繋いで浄水を作るタイプの物もありますので、購入の際にはご確認下さい。

据え置き型は機器本体と取付け費を含む初期費用が10万円前後かかるのが相場になっています。使用後もカートリッジ交換の費用が掛かるほか、キッチンなど飲み水の方にも浄水器を設置するとそれだけ費用はかさみます。お風呂とキッチンの両方に浄水器を設置する場合、家中を一括で浄水にできるセントラル型浄水器を導入すると費用が抑えられる事があります。また、セントラル浄水気には買い取りとレンタルの2つの購入方法がありますので、予算や使用目的に合わせて選ぶ事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *