これからはお風呂も浄水器の時代

キッチンだけでなく、お風呂にもきれいな水を使いたいと考えている人が増えています。

敏感肌でお風呂のお湯が痛いと感じたり、髪の痛みがひどくなってしまったなど、通常の水道水でからだへのトラブルを抱えている人にとって、浄水器の水は改善への近道です。飲用や料理用としては、すでに多くの家庭で使用されていますが、お風呂の浄水器もこれからは使う家庭がさらに多くなるのではないでしょうか。今までは飲むための水だけ浄水すればよいと考え、お風呂までは気が回らなかったという人も少なくありません。

肌のトラブルを抱えてはじめて、お風呂用浄水器を設置する必要性があると知るようです。塩素は臭いもきつく殺菌力に優れていますが、それだけに肌や髪へも悪影響を及ぼします。残留塩素によって皮膚のたんぱく質が酸化・分解され、乾燥肌や敏感肌になってしまいます。一日の疲れを取るバスタイムが、肌の痛い時間になってしまうのはつらいものです。

皮膚科への受診も必要ですが、通常の水道水を使い続けていればなかなか改善できないこともあります。浄水器を使用することで、少しでも普通肌に近づきたい・安心して入浴したいという希望に近づきたいものです。シャワーヘッド用のものもありますが、残留塩素を除去する機能や浴槽にためることを考えると、本体を取り付けるタイプの浄水器の方がより多くの水を浄水することができます。カートリッジの交換もほとんどのものが1年用と長持ちです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *