キッチンからお風呂まで、浄水器の存在は頼もしい

水道水をきれいするために使われている塩素は、殺菌力が強いだけあってその臭いも刺激も気になります。

今では料理用や飲用水として使うためには、浄水器がなければ使用できないほど多くの家庭が取り入れています。また多くの子どもたちが、水道水はそのまま飲めないものと認識していることも確かです。それだけ多くの人が水に対して敏感になっているといえるでしょう。以前から『海外で生水を飲むとお腹を壊す』と言われていましたが全くその通りで、きれいな水でなければ体内に取り入れることは避けるべきです。

残留塩素や有害物質を除去するための浄水器には、さまざまなタイプがあり、使う水量や家族の人数に合わせてその家庭に適した浄水器を選ぶことが大切です。また、残留塩素が含まれたお風呂の水やお湯を使い続けることにより、肌トラブルを発症する人も少なくありません。敏感肌・乾燥肌や髪の傷みなど多くの原因は、入浴時に水道水を使い続けたことによるものなのです。

お風呂用としての浄水器は、まだまだ一般化していませんが、いずれ使用していない家庭のほうが珍しくなるほど普及していくのではないでしょうか。それぞれの家庭により、小さいものから大きなものまで選ぶタイプはさまざまですが、最近ではどれも高性能となっているため、蛇口型も据置型でも、ポット型や大型のものでも安心して使用することができます。大型で高額なものやお風呂用としても使う場合には、レンタルできる浄水器も考えてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *